CLIP STUDIO TABMATEが販売開始されます!!

CLIP STUDIO PAINTの販売元Celsys(セルシス)から発売予定のタブメイトコントローラーの新型CLIP STUDIO TABMATE」!

まだかまだかとジリジリさせられながらも、遂に発売日が決定しました!!

Xデーは【2017年12月29日(金)コミックマーケット93会場】です!!

※2018/05/04追記 無線接続の新型タブメイトを使ってみた!!(充電池OKモデル)

コミックマーケット93特設サイト セルシス

新型タブメイトが購入できる場所は?

CLIP STUDIO TABMATE 販売開始のお知らせ

遂に発表されたタブメイトコントローラーの新型CLIP STUDIO TABMATE

購入可能な場所や時期と価格・スペックについてはいくつかの設定があります。

アルカリ・マンガン電池のみ使用可能モデル
コミックマーケット93(12/29~12/31)にて販売されるモデル【2000円(税込)】

充電池が使用可能なモデル
2018年2月下旬より【Celsys CLIP STUDIOストア】にて販売【通常価格 5,500円(税込)/CLIP STUDIO PAINT所持者優待価格 3,500円(税込)】

2018年3月以降【各オンラインショップ又は販売店店頭】にて販売【通常価格 5,500円(税込)】

また、コミックマーケット93においては新型タブメイトの体験会も併せて実施。CLIP STUDIOソフトウェアと各種アイテムとのお得なセット販売も実施されるようです。

CLIP STUDIO TABMATEの体験ができるよ!inコミケ2017冬

新型タブメイトのパッケージ内容とスペック

それでは発売される新型タブメイトコントローラー改めCLIP STUDIO TABMATEのパッケージ内容とスペックを公式サイトを基に見ていきます。

CLIP STUDIO TABMATE

パッケージ内容

パッケージ内容
PACKAGE CONTENTS

  • コントローラー本体 ×1
  • CLIP STUDIO PAINT DEBUTダウンロード版シリアルナンバー ×1
  • 単3電池(動作確認用) ×1
  • ご案内/保証書(紙) ×1

* 付属の電池は初期動作確認用です。動作確認後は、市販の電池に交換してご使用ください。
*「コミックマーケット93」会場販売製品は、マンガン電池・アルカリ電池のみご使用いただけます。2018年以降販売の製品では充電池もご使用いただけます。

CLIP STUDIO TABMATE

旧モデルと同じくタブメイトを買うとCLIP STUDIO PAINT(DEBUT)も付いてきます。

ペンタブ入門機と一緒に合わせて購入した場合1万円ちょっとで済み、ペイントソフトもPCでの絵描き環境を飛躍的にやりやすくする左手デバイスも整うってのは嬉しい事ですね。

最近はWACOM以外の板タブ・液タブの選択肢も増えてきた上、お値段もかなり安くなってきたのでこれからデジ絵を始めたいって人に対する敷居がグッと下がってきた感があります。

仕様

仕様
SPECIFICATION

通信方法:Bluetooth® 3.0 class2(無線)
電波到達距離:約3~10 m
電波周波数:2.4GHz
電源:単三電池×1

*「コミックマーケット93」会場販売製品は、マンガン電池・アルカリ電池のみご使用いただけます。2018年以降販売の製品では充電池もご使用いただけます。
* 本製品はドライバ不要です。
* Bluetooth®モジュールを内蔵していないPCでは、別途Bluetooth®アダプターが必要です。動作確認アダプターリスト
* 同梱されている「安全上のご注意」の記載事項を必ずご確認の上ご使用ください。

CLIP STUDIO TABMATE

以前よりのアナウンス通り新型タブメイトはBluetoothを使用した無線接続方式を採用です。

他機器からの電波干渉が気になりますが、そればっかりは買ってみない事にはわかりませんね。

BluetoothモジュールがないデスクトップPCなどはアダプターが必要ですが、動作確認されたアダプターリストも公開されていて安心。

動作環境

動作環境
SYSTEM REQUIREMENTS

OS:Windows7 , Windows 8/8.1 , Windows 10
macOS 10.10 , 10.11 , 10.12 , 10.13

対応ソフトウェア:CLIP STUDIO PAINT DEBUT / PRO / EX  Ver.1.7.1以降

* 上記以外のOSには対応しておりません。

CLIP STUDIO TABMATE

Windowsに関しては特筆すべきところはなし。Mac OSもYosemite~最新のHigh Sierraまで対応です。

ただ一つ残念なところがあるとすれば、iOS非対応というところです。

なんとCLIP STUDIO PAINT for iPadではタブメイトが使えません。

クリスタfor iPadとiPad pro&Apple pencilを利用した外出先での制作環境にはTwitterなどでも評判が良く、そこに左手デバイスを加える事ができる可能性があっただけに残念です。

各種ボタン類

TABMATEのウリのひとつであるホイールは上下回転とクリックの3動作が可能。

現在発売中のホイールキーを搭載した左手デバイスは

これがありますが有線な上、机の上に置くと結構場所をとります。

無線かつ手のひらにスッポリ収まるタブメイトはかなりの支持を得られることでしょう。

ボタン数に関してはそこまで多いわけではないですが、モードを切り替えながら使用できる模様。

TABMATEは、4つのモードを切り替えながら使用することができます。
上記ダイアログの左上でモードを切り替えながら、各ボタンに割当てたい操作を設定してください。

CLIP STUDIO TABMATE

モードの切り替えは本体下部のCLIP STUDIOボタンによって可能みたいです。

このCLIP STUDIOボタンでモード4種類のモード切替えと電源のON/OFFをするみたい。

電源の切り忘れがあるかもなぁと思いましたが、それももちろん対策済。

電源ONで最後にTABMATEとペアリングしたPCと自動的に接続 / 10分間無操作でスリープモードへの移行 / スリープ移行後20分間経過で自動的に電源OFFとなるようです。

また、ボタンの押し方によっても挙動が変わります。

TABMATEの基本的な使い方は、ボタンを押して、割当てたメニューコマンド/ツール変更を実行する、というものです。
しかしそのほかに、1つのボタンに対して、「押した時間で実行(短押し/長押し)」「連打回数で実行(1~4回まで)」といった操作で割当てを分けて設定することができます。

CLIP STUDIO TABMATE

プリセットのボタン設定では下記を想定したものになってるようです。

  • モード1「下書き/スケッチ」
  • モード2「ペン入れ/ドローイング」
  • モード3「色塗り/ペイント」
  • モード4「加工/仕上げ」

2017年夏の発売予定から12月冬発売へと延期となったCLIP STUDIO TABMATE!!

とうとう発売開始となりますが、コミックマーケット93参加者は12/29(金)より、セルシスサイトでの購入を考えている方は2月半ばから使えるようになります。

今から待ち遠しいですね!そしてぜひiOSへの対応をもってクリスタfor iPadでの制作環境でTABMATEを使えるようになって欲しいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク